• 新商品

COLORCHART

  • #01 ブルーブルー

  • #02 ピンクシルバーグロー

  • #03 逃げ腰カタクチ

  • #04 うっかりキビナゴ

  • #05 ゴールドサバ

  • #06 エクストリームキャロット

  • #07 グローグロー

  • #08 アマゾネス

メタルシャルダス45

仕様
Length 67mm
Weight 45g

[推奨セッティング]
シーバス、ヒラメなど
<フック:#4 リング:#3 ~ 4>
青物、真鯛など
<フック: プラグ用シングル#1 リング:#4>

希望小売価格

1,900

(税込 2,052円)
個数

  • 販売開始 ~

今まで届かなかったあのポイントにブレードベイトの力を!

メタルソリッドボディのため、 シルエットが超コンパクト!

向かい風でもお構いなし!ブレード系ルアー最高クラスの飛距離を実現!

ブレードがもたらす、ハイアピールと絶妙なレンジコントロール能力!

Metal Shalldus(メタルシャルダス)はめいっぱいの後方重心ボディで強い向かい風や横 風をものともしない驚異的な飛距離を実現しました。

また、メタルソリッドボディのため、 ボディシルエットを極力小さくすることができ、飛距離の向上に繋がっています。

さらに は喰い渋る魚、ルアーを見切る魚に対しても小さなシルエットは効果的で、ブレードフラッシングのハイアピールでありながら、喰わせる力も併せ持っているまさに遠距離攻略の革命的な新しい一手となるでしょう。

ロックショアの釣りにおいて「居るけど口を使って くれない」「居るのだろうけど、届かない」という歯痒い場面を打破できるルアーに仕上がっており、オフショアの釣りにおいても「船の胴の間からではナブラに届かない」「何投げても喰わない」と諦めていた状況も攻略出来る、ありそうで無かったブレードルアー です。

開発担当者 泉 龍吾

開発時には全力で迷走をした!!

【開発の発端】

元はと言えば、このメタルシャルダスは村岡と吉澤の何気ない会話から生まれた案でした。

村岡「マグロのナブラ撃ちとかに使えるシャルダスあったら面白そうじゃない?」

吉澤「あー、それ良いっすね。ベイトが小さい時も使えるし、カツオとかスゲー釣れそう!」

村岡「胴の間からでもナブラに届くぐらいしっかり飛んで、従来のシャルダスよりも早く引けると、凄い釣れそうじゃん!」

吉澤「40~50gぐらいならショアからも使えそうですよね」

村岡、吉澤「うん。じゃあ、工場長よろしく(笑)」

…まあ、平常運行です(苦笑)

ただ、私自身も磯ヒラで風速15m近い爆風時に、どうやってもポイントにルアーを届ける事が出来なくて最終手段としてメタルジグを投入することがありました。

「もしかしたら、その代わりを務める一手になるかも?」そんな事を考えながら、開発がスタートしました。

【全力で迷走】

1stプロトの結果を受けて

・じゃあ、もっとコンパクトに

・もう少し浮き上がり易く

たったこれだけの事だったのですが、ここから随分と迷走してしまいます。

その理由を1つ1つ説明していくと、卒業論文レベルで長くなってしまうので(苦笑)詳しくは割愛しますが、頑張って簡潔に纏めると…ソリッド体であるが故に、外側の形状で全てが決まってしまうのです。

ABSルアーみたいに内部構造で何とかする。ってことが出来ないタイプのルアーですと。当然ちゃ当然の事ですが。

誤解を恐れずに言うのであれば ABSルアーは外側の形状がベストじゃ無くても、内部構造で何とかなってしまう。誤魔化せてしまうと。

しかし、こういった鉛ソリッド体は内部構造などないので、外側のちょっとした形状が全てに大きく影響してくるワケです。

この辺の考え方はちょっとワームと似てますかね。

ほんの一例ですが…少しお腹側を削っただけで重心が背中側に寄ってしまいお腹を上にして泳いできたり・・・アイ位置を僅かにアゴ側に近づけただけで、ブレードと同じように回転しながら泳いできたり・・・・・・何となくソリッド体の難しさ伝わりました?かね??(汗)

そんな事は何となく理解していたつもりでしたがあーでもない、こーでもないと、様々なプロトを削りに削りました。

《続きはこちら》

メタルシャルダスの使い方!!

釣果写真
  • 希望小売価格1,900円(税込 2,052円)
  • 個数

販売開始 ~

関連商品

ページトップへ