COLORCHART

  • #01 ブルーブルー

  • #02 キラキラシラスレインボー

  • #03 イカイワシ

  • #04 ブラックフライヤー

  • #05 チャートデカレンズホロ

  • #06 グローグロー

  • #07 クリアチャートシルバー

  • #08 特選サンマ

  • #09 クリアピンクシルバー

  • #10 マイワシ

  • #11 クリアシルバー

  • #12 クリアフライアー

  • #13 シルクイワシ

  • #14 ダツ

WEB限定カラー

  • フルクリア

  • フルシルバー

ガチペン200

仕様
Length: 200mm
Weight: 90g
Recommended Ring: #9

推奨フック
・オーナー:カルティバST-66 #3/0、STX-68 #3/0
・シャウト:カーブポイントトレブル4/0
・デコイ:Y-S82 #4/0 / 推奨リング #9

希望小売価格

3,800

(税込 4,104円)
個数

  • 販売開始 ~

不規則S字ダイブするダイビングペンシル!

▶太身のボディの割に安定した飛距離!

ABS樹脂ボディの構造強度を保ちながら限界ギリギリまでシェイプアップ。

一方でテール重心をしっかりと確保して飛行姿勢を安定化。太いボディの割に気持ちよく飛んでいきます。

▶開いた口がたっぷり空気をまとって水中にダイブ!

水中にダイブするときは、ポカっと開いた口がたっぷりと空気を纏ってダイビング。

ダイビングレンジも魚をスレさせない水面直下レンジなので、ダイブ後にすぐに水面に出ることで常にボディが泡に包まれ魚に見切られる可能性を少なくしています。

▶非安定式ウェイトにより不規則なS字軌道でダイブ!

ガチペンの太いボディは強いウォブリングアクションで魚に強烈にアピール。

さらにヘッド部分に入れられた8mmウェイトボールが頭部内を自由に動き回ることにより、大型魚の接近に焦って逃げ惑うかのような予測不可能なS字軌道を発動させます。

ショートジャークなら波動の強いダイブ、ミドルジャークだと水面直下を魅惑的なS字軌道で泳ぎ、スレたターゲットの捕食スイッチを入れます。

▶遊動ウェイトによるガタゴトサウンドで魚を狂わせる。

頭部の8mmウェイトボールは動く度にガタゴトと水中に音を撒き散らします。

その音が強烈な集魚効果となり、圧倒的な差を生み出す時があります。

暗い時間帯、ナブラやサラシの中、凪で反応が渋い時など、ターゲット攻略にひと味違うものが欲しいときにガチペンをお試し下さい。

※製品の外観・仕様は改良のため、予告なく変更することがあります。

ガチペンはヒラマサ・ブリなどの大型青物からGTまでをターゲットとしたビッグゲームに対応。

従来あったダイビングペンシルとはひと味違うガチペンがオフショアゲームをさらに楽しく魅力的にします。

 

《開発責任者:村岡昌憲による開発Voice》

BlueBlueとしては初の大型プラグ。

ダイペン全盛期の中では最後発に近い形となったが、太めのボディで存在感を出し、ワイドなアクションを特徴とするモデルとして仕上げた。

秋シーズンは全国各地で活躍の声を聞いてとても嬉しかった。

特にショアからのアングラーの声が多かったのは、やはり水押しが強いアクションが何らかの効果を発揮したのであろうか。

今年はそれをさらに確かめる年にしたいと思っている。ガチペンが他のペンシルと違う点を一つ挙げるとすれば、それは音であろう。

パッケージの中に入っていても振った際にそれと解るジジジっとしたボール音。太いボディ内の壁をボールが叩くことで生まれる大きな反響音。

これが水中の魚に対して強くアピールし、水しぶきや泡だけでは無い、聴覚を刺激するサウンドを出すことで、魚の反応を引き出す事を狙いとしている。

使い方は格段難しいものではないが、自分が得意としているのはハイテンポのショートピッチ。

短く強くジャークし、ガチペンがダイブしてその勢いで水面からボディを飛び出させた頂点で次の入力を行う。

水面からピョコピョコ出るアクションでGTからヒラマサまでたくさんの反応を得た。

昨今はミスダイブ一つで反応が出なくなるシビアな状況である事もまずまず有り、ミスダイブになりにくいショートダイブをこなしながら、ワイドなボディで水をしっかりと押して誘えることが武器になっている。

魚を狂わせるガチペンを徹底解説!!

釣果写真
  • 希望小売価格3,800円(税込 4,104円)
  • 個数

販売開始 ~

同シリーズ
関連商品

ページトップへ